バナーとしてお使いください。
URL:http://botan.or.jp/mobile/

QRコードから携帯サイトへアクセスできます。

http://botan.or.jp/mobile/

ホーム > 牡丹図鑑 page.1. .

牡丹図鑑 -1-

page.. .
しまにしき たまふよう しまだいじん かおう きりんつかさ
島錦
shimanishiki
玉芙蓉
tamafuyo
島大臣
shimadaijin
花王
kao
麒麟司
kirintsukasa
ほうき ハイヌーン ざいらいぼたん いづものほこり はつひ
芳紀
ho-ki
ハイヌーン
high noon
在来牡丹 出雲の誇
izumonohokori
初日
hatsuhi
しょうわのゆめ かすがやま いまむらさき げいひこう さんごだい
昭和の夢
shouwanoyume
春日山
kasugayama
今紫
imamurasaki
迎日紅
geihiko
珊瑚台
sangodai
きんぎょくこうしょう ちょうこ しゅさるい えちごじし たいしょうこう
金玉蛟章
kingyokukosho
趙粉
zhaofen
朱砂塁
zhushalei
越後獅子
echigojishi
大正紅
taishoko
こうぎょく ようおう しらんかい にきょう やまとにしき
紅旭
kogyoku
姚黄
yaohuang
紫藍魁
zilankui
二喬
erqiao
山都錦
yamatonishiki
とがわかん きんのう みやこにしき はくほう むらまつざくら
戸川寒
togawakan
錦王
kin`no
都錦
miyakonishiki
白鳳
hakuho
村松桜
muramatsuzakura
チャイニーズドラゴン つるのはね きんし よしのがわ ばんざいもん
チャイニーズ ドラゴン
chinese dragon
鶴の羽
tsurunohane
金鵄
chromatella
吉野川
yoshinogawa
万歳門
banzaimon
ていかん ゆきがさね たいよう とうりょく あかつきのゆき
帝冠
teikan
雪重
yukigasane
太陽
taiyo
豆緑
doulu
暁の雪
akatsukinoyuki
しんじつげつにしき おんめいもん むれがらす きんこう しうんでん
新日月錦
shinjitsugetsunishiki
温明門
onmeimon
群烏
muregarasu
金晃
kinkou
紫雲殿
siunden
ぎょっか べにちどり がびざん はなのみかど しんてんち
玉華
gyokka
紅千鳥
benichidori
蛾眉山
gabisan
花の帝
hananomikado
新天地
shntenchi
すいがん せんようもん ほうれん おもいのまま
醉顔
suigan
宣陽門
senyomon
鳳輦
ho-ren
思いのまま
omoinomama

page.. .


△ページ上部へ移動

栽培

鉢植え牡丹年間栽培暦

鉢植え牡丹年間栽培暦

庭植え牡丹年間栽培暦

庭植え牡丹年間栽培暦

肥料
鉢植え 庭植え
春 肥
2月下旬には、根の働きが活発になり始めます。伸びる幹、広がる葉を養うため施します。
油かす2・骨粉1の割合で混ぜて水で練ったものを1握り程度2ヶ所に分けて置く。 油かす2・骨粉1の割合で混ぜて、水で練ったものを1握り程度すき込む。
お礼肥
開花が終わったら、花を咲かせて疲れた木に、栄養を補給します。
油かす2・骨粉1の割合で混ぜて水で練ったものを1握り程度2ヶ所に分けて置く。 油かす2・骨粉1の割合で混ぜて、水で練ったものを半握り程度すき込む。
元 肥
来るべき冬越しのための栄養を補給します。
油かす2・骨粉3の割合で混ぜて水で練ったものをピンポン玉2つ分程度に分けて置く。 油かす2・骨粉3の割合で混ぜて、水で練ったものを2握り程度すき込む。
ひこばえ取り

土中から新芽(ひこばえ)が出てきた場合、台木(シャクヤク)の芽であれば、付け根から取り除きます。牡丹の芽であれば、伸ばす計画があるときだけ育て、その他は取り除きます。

花がら切り

木の精力を浪費させないため、花びらが散りかかったら、切り除きます。

摘葉(てきよう)

栄養を芽に十分にゆきわたらせるため、葉の付け根で葉を切り取ります。また、枯れていく葉が原因になる病気や害虫の発生を予防する効果もあります。

剪定(せんてい)

多くの花を咲かせるのは、木を弱らせる原因になりますので、今年伸びた枝1本につき 花芽1~2芽残すように剪定します。このとき樹形を乱している枝があれば、切り除きます。

芽の切り戻し剪定

1~2年の小さな苗や貧弱な苗は、9月中旬頃、根元の芽を2つ程度残し、その上部から切り取り覆土することにより、来年、さらに太い枝を伸ばします。

△ページ上部へ移動